ウェットスーツの選び方

ウェットスーツ選びのポイント

サーフィンをする上でボードの次に必要なものがウェットスーツですが、種類がたくさんあり選ぶ段階でつまずいてしまいがちです。こちらで簡単な選び方のポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

【いつ・どこでサーフィンをするのか】

日本国内でサーフィンを楽しもうと思っていらっしゃる方は、まず四季を考慮する必要があります。気温も海水温も季節によって変化しますし、また、北と南でかなり環境が違うので、まずは頻繁にサーフィンをする場所をある程度定めて、そこの環境に合ったウェットスーツを選びましょう。また、1年を通してサーフィンをするのか、夏だけなのかもある程度決めておくことも肝心です。

【サイズは?】

ウェットスーツは基本的にオーダーと既製品の二種類があり、自分の体にぴったりのものを購入したい方はオーダーが最適です。ただ、料金は高くなりますので、サーフィン初心者は規制サイズに作ってある既製品を選ぶのが堅実かもしれません。

【素材は?】

日進月歩のウェットスーツ生地。一昔前は厚みのある生地は強度はあるものの伸縮性に欠けていましたが、昨今は十分な強度を保ちながら伸縮性能が大幅にアップした生地を使用したものが数多くあります。店舗で実際のウェットスーツを手に取ってみましょう。

【ウェットスーツの種類】

さあ、実際のウェットスーツの種類を見てみましょう。海はあくまでも自然界、いつでもサーフィンを快適にできる状況とは限りません。なるべく快適にサーフィンを楽しむためにも、自分のサーフスタイルに合ったウェットスーツを選びましょう。

・セミドライタイプ

冬サーフィンの記事でもご紹介した、寒い時期に使用するタイプのウェットスーツです。最も防水性、保温性が高く、生地も厚めですので若干運動性は劣ります。

・フルスーツタイプ

秋から春など、季節の変わり目に向いたウェットスーツです。形状はセミドライと同じですが、生地が薄めでストレッチ性が高いデザインです。

・シーガルタイプ

セミドライ、フルスーツとの大きな違いは半袖、長ズボンスタイルであることです。こちらも季節の変わり目向きで、フルスーツを使用する季節の前後で使用することが多いです。

・ロングジョンタイプ

ノースリーブ、長ズボンデザインのウェットスーツです。こちらのタイプとジャケットットを併用すれば、冬場でも使用が可能です。

実店舗でなくても、アマゾンや楽天でもウェットスーツが購入できますので、まずは好みのタイプを探してみたはいかがでしょうか。