サーフィンはどうやるの?

サーフィンのやり方、テイクオフできるまで

サーフィンを始めるにあたって、やり方以前に基本ルールを知ることも大事です。どこのサーフポイントでも守らなければならないのは、1本の波には1人しか乗らないということ。これはサーファー同士がぶつかる事故を防ぐためですので、どこのサーフポイントでも必ず守る必要があります。このほかにもポイントによって様々なルールがありますので、初めてのポイントでサーフィンを行う場合は、まず周りのサーファーやサーフショップで情報収集をすることも大事です。それでは、サーフィンを行う基本となる3ステップをご紹介します。

・波待ち

やり方、ということではないのですが、意外と大事なのがいい波を待つこと。パドリングをする前に、まずはいい波をよく見極めることが肝心です。これには経験が必要ですが、動画サイトなどでイメージトレーニングをしておくこと、上級者のサーフィンを観察することなどで養えます。

・パドリング

いい波が見極められるようになったら、次のステップはパドリングです。波に乗るためには、まず自分の後ろからくる波を待ち、これだ!という波が来たらボードにうつ伏せ状態で乗り、ボードの横で手でこぎます。この動きをパドリングと言います。他のサーファーがこの動きをしているのを見ると一見簡単そうに見えますが、実際にやってみると思うように進まなかったり、なかなか難しい第一ステップです。初心者はまずボードを水平にすることをから心がけてみましょう。波と同じ速さになるようにパドリングで加速できれば成功です。

・テイクオフ

パドリングができたらいよいよテイクオフです。テイクオフとは、パドリングで十分に加速し波の勢いに乗ったところで素早くサーフボードの上に立って波に乗ることを言います。動きとしては、ボードに手をつき、足のポジションを決めて立ち上がるだけなのですが、これを早くやることが肝心です。足のポジションは、基本的に前足はボードの中央、後ろ足はサイドフィンの上あたりです。ボードの上に立つことに成功したら、膝を軽く曲げ柔らかい状態にして状態を支えることも大事です。また、立つことだけに意識を集中するとなかなか上手くいかないので、落ち着いてまずは波のスピードとウネリの向きに合わせることに意識を傾けてみよう。なお、テイクオフは自宅でも練習できるので、海に行けないときは自宅で練習を重ねてみるのも上達への近道です。

最後に、サーフィンを楽しんだあとは自分の出したごみは持ち帰ることはもちろん、周りを見渡して目についたごみも拾って一緒に持ち帰りましょう。