冬サーフィンの楽しみ方

冬にもサーフィンを楽しむ方法

サーフィンを始めるにあたって、ウェットスーツやボードなどを揃えてはみたものの、夏シーズンしか使えない・・と思っている方も多いのではないでしょうか。もちろん、サーフィンの最盛期は夏ですが、冬には冬のよさがあります。もちろん、ある程度の寒さ対策が必要になるので、そのあたりも含めて冬サーフィンの楽しみ方をご紹介します。

【冬サーフィンのメリット!】

・海が空いている

冬の魅力は何といってもとにかく空いていることです。特に初心者は他のサーファーとぶつかりたくないですよね?冬の海は空いているので、練習に最適な環境です。

・意外と寒くない?

サーフィン未経験者は、冬の海に浸かっているサーファーを見るだけで身震いする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、黒潮の影響で太平洋側の海は比較的温かいので、風は冷たくてもそこまで心配する必要はありません。

・昼にのんびりサーフィン

夏は気温差によって生じる風の影響を避けるため、風が弱い朝や夕方にサーフィンに繰り出すのが基本ですが、冬は風向きが急に変化することがあまりないので、日が昇った日中にのんびり気持ち良くサーフィンができます。

【冬サーフィンにおすすめの場所】

冬でも水温が20℃あればウェットスーツを着用し快適にサーフィンできます。おすすめは奄美大島や宮崎、四国、関東なら湘南エリア、南房総などのいわゆる南太平洋側です。

【冬サーフィンの装備】

冬サーフィンを楽しむにはそれなりの装備が必要です。こちらに代表的な装備をご紹介します。

・ウェットスーツ

これは必須アイテムです。生地の厚みが上がれば防寒能力も高くなりますが、その分伸縮性が下がり運動能力が低くなってしまいます。多くのサーファーはセミドライを好みますが、サーフショップで実際のスーツをみて店員さんに相談してみましょう。

・サーフブーツ

セミドライのウェットスーツを着用するときにセットで履くものです。「ソックスタイプ」と「ウェットタイプ」の二種類があり、大きな違いは保温性です。耐久性、耐水性、撥水性はウェットタイプが勝りますが、これも好みなので実際に試着して購入することをおすすめします。

・サーフグローブ

これは必須アイテムではないのですが、冬の海で手がかじかんで力が入らないという場合に購入を検討してみてはいかがでしょうか。こちらも大きく2種類あり、5本指に分かれている「スタンダードタイプ」と、人差し指と親指のみが分かれている「ミトンタイプ」があります。価格差はありませんが、それぞれメリット・デメリットがあります。