This is default featured slide 1 title

This is default featured slide 1 title

You can completely customize the featured slides from the theme theme options page. You can also easily hide the slider from certain part of your site like: categories, tags, archives etc. More »

This is default featured slide 2 title

This is default featured slide 2 title

You can completely customize the featured slides from the theme theme options page. You can also easily hide the slider from certain part of your site like: categories, tags, archives etc. More »

This is default featured slide 3 title

This is default featured slide 3 title

You can completely customize the featured slides from the theme theme options page. You can also easily hide the slider from certain part of your site like: categories, tags, archives etc. More »

This is default featured slide 4 title

This is default featured slide 4 title

You can completely customize the featured slides from the theme theme options page. You can also easily hide the slider from certain part of your site like: categories, tags, archives etc. More »

This is default featured slide 5 title

This is default featured slide 5 title

You can completely customize the featured slides from the theme theme options page. You can also easily hide the slider from certain part of your site like: categories, tags, archives etc. More »

 

波に乗ってみましょう

波乗りの方法、どう波に乗ればいいの? 「波乗り」と一言で表現されますが、初心者にとってはどの波が乗れる波で、どの波がそうでないのか全く見当がつきませんよね?この記事では、波乗りができるよう、波乗りの第一歩についてご紹介します。 【まずは波待ち】 初心者はひとまず足が海底にについているところで波を待ちましょう。この「波待ち」、ただ単に待っているだけではなく、上級者の観察時間としての活用もおすすめです。どんな波を選んでいるか、パドリングとテイクオフのタイミングなど学ぶことがたくさんあります。また、休憩時間としても有効です。海に入っているだけで体力を消耗するもの、波待ちの時間を利用し体力を回復することも大切です。 【待ち方】 ボードの種類によって待ち方は異なります。ショートボードの場合、初心者はボードに座って波待ちをした方が体力の回復が早いので、尾てい骨、両膝の裏の3点を結んだ中央部分に体重が真っ直ぐかかるように座ると安定します。ロングボードの場合は浮力が高いので、うつ伏せに寝ても座ってもどちらでも問題ありません。ボディボードの場合はボードの面積が小さく、浮力が弱い為、基本的にうつ伏せに寝たままの状態で行います。 【「とろい波」、「きれた波」?波の種類】 波にはいろいろな種類があり、それぞれにサーファーが使う名前があります。ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。 ・トロい波 ダラダラと滑る箇所に力がなさそうな波のことをこう表現します。波に乗ることはできますが、ゆっくりのんびり波に乗るというイメージです。このタイプの波はパワーも少ないので、初心者の練習向きです。逆に、スピードの速い波は「速い波」と言い上級者向きです。 ・キレた波 サーファーの誰もが乗りたいと思う、ピークからショルダーにかけて綺麗にブレイクする波のことを言います。初心者であっても横に滑っていく練習ができるかもしれません。 ・厚い波 力がなく、滑る部分もなだらかな波のことを指します。スピードが出しにくいですが、あえてテイクオフを遅らせることで乗ることができます。 ・掘れた波 「厚い波」の逆で、ブレイクが速い波のことで、この波に乗るときはとにかく早めに立ち上がることを心掛けましょう。 【実際の波の選び方、テイクオフ】 波待ちをしている間やYouTubeなどで上級者の選び方をよく観察すると、この波選びが波乗り成功の大きなカギになることが分かります。テイクオフに関しては、まずは無理せずに自分の近くに来たピークを狙いましょう。遠くに来たピークを追いかけても、初心者は追いつけないことがほとんどです。

日本のサーフポイント

日本国内の有名なサーフポイント さあ、道具も揃え準備万端!あとはサーフポイントを探すだけです。ビギナーはどこに行ったらいいか見当もつかないですよね?他のサーファーとぶつかってケガをする恐れのある「混雑スポット」はまず避けなければなりませんが、それを踏まえた上でおすすめの場所をご紹介します。 【サーフィンのメッカ、千葉県】 千葉にはサーフスポットがたくさんあり、都心からのアクセスもいいのでサーフィンのメッカといっても過言ではありません。こちらでは、数あるサーフスポットの中でも初心者向けの場所をご紹介します。 ・外房エリア このエリアの中でも一宮周辺は、サーフィンの合間に楽しめるおしゃれなカフェやレストランもたくさんあり、サーフィン以外の楽しみもあるという点で初心者におすすめです。ただ、サーフポイントという点では、離岸流の危険やローカルルールが厳しいポイントがあるのも事実。ですので、サーフィンをする場合はまず体験スクールに参加することをおすすめします。 ・勝浦エリア 白い砂浜の海水浴場が有名な勝浦エリアの中でも、遠浅の砂地で天候が安定していれば波も高くない「御宿」がおすすめです。ただし、人気スポットですので、混雑していることが多いことが注意点です。 ・南房総エリア 知る人ぞ知る人気のサーフスポット。温暖な気候のため海水温が高く冬でもサーフィンを楽しめるという点で初心者にもおすすめです。とはいえ、冬には冬の装備が必要なので本ウェブサイトの冬対策ページを参照してくださいね。 【千葉県よりも都心からのアクセスがいい、湘南エリア】 「湘南」と聞くだけで、サーフィン未経験者もサーファー文化を思い浮かべるのではないでしょうか。千葉エリアに比べ駐車する場所が十分でないのが難点ですが、こちらでも比較的初心者向けのスポットをご紹介します。 ・大磯エリア エリアでいうと「西相エリア」にあたる大磯。鎌倉や辻堂エリアよりは若干混雑が回避でき、のんびりしたスポットなので初心者向けです。 ・通称「かぼちゃ」 サーファーの間ではこう呼ばれますが、実は茅ケ崎にあるサザンビーチ辺りを指します。湘南エリアでは特に初心者向けの波質です。 いきなり海に入るのは心配、という初心者におすすめなのがサーフィンクラスです。千葉、湘南、どちらのエリアにもクラスを催しているショップが数多くあります。まずはビーチや室内で立つ動作、パドリング等の練習を行った上で実際に海に入り、ボードを支えたり、隣で一緒に波に乗りサポートしてくれます。まずはサーフィンクラスを受けてみるのもいいかもしれません。

冬サーフィンの楽しみ方

冬にもサーフィンを楽しむ方法 サーフィンを始めるにあたって、ウェットスーツやボードなどを揃えてはみたものの、夏シーズンしか使えない・・と思っている方も多いのではないでしょうか。もちろん、サーフィンの最盛期は夏ですが、冬には冬のよさがあります。もちろん、ある程度の寒さ対策が必要になるので、そのあたりも含めて冬サーフィンの楽しみ方をご紹介します。 【冬サーフィンのメリット!】 ・海が空いている 冬の魅力は何といってもとにかく空いていることです。特に初心者は他のサーファーとぶつかりたくないですよね?冬の海は空いているので、練習に最適な環境です。 ・意外と寒くない? サーフィン未経験者は、冬の海に浸かっているサーファーを見るだけで身震いする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、黒潮の影響で太平洋側の海は比較的温かいので、風は冷たくてもそこまで心配する必要はありません。 ・昼にのんびりサーフィン 夏は気温差によって生じる風の影響を避けるため、風が弱い朝や夕方にサーフィンに繰り出すのが基本ですが、冬は風向きが急に変化することがあまりないので、日が昇った日中にのんびり気持ち良くサーフィンができます。 【冬サーフィンにおすすめの場所】 冬でも水温が20℃あればウェットスーツを着用し快適にサーフィンできます。おすすめは奄美大島や宮崎、四国、関東なら湘南エリア、南房総などのいわゆる南太平洋側です。 【冬サーフィンの装備】 冬サーフィンを楽しむにはそれなりの装備が必要です。こちらに代表的な装備をご紹介します。 ・ウェットスーツ これは必須アイテムです。生地の厚みが上がれば防寒能力も高くなりますが、その分伸縮性が下がり運動能力が低くなってしまいます。多くのサーファーはセミドライを好みますが、サーフショップで実際のスーツをみて店員さんに相談してみましょう。 ・サーフブーツ セミドライのウェットスーツを着用するときにセットで履くものです。「ソックスタイプ」と「ウェットタイプ」の二種類があり、大きな違いは保温性です。耐久性、耐水性、撥水性はウェットタイプが勝りますが、これも好みなので実際に試着して購入することをおすすめします。 ・サーフグローブ これは必須アイテムではないのですが、冬の海で手がかじかんで力が入らないという場合に購入を検討してみてはいかがでしょうか。こちらも大きく2種類あり、5本指に分かれている「スタンダードタイプ」と、人差し指と親指のみが分かれている「ミトンタイプ」があります。価格差はありませんが、それぞれメリット・デメリットがあります。

世界的に有名なサーファー

サーフィンの世界を極めたサーファーたち 2015年の調べによると、日本のサーファー人口は100万人を超えており、これは柔道や剣道、テニスなど他の競技人口の統計と同等な数です。しかし、プロになるとなるとJPSA(日本プロサーフィン連盟)のプロテストを受ける必要があり、この公認資格を持っている者のみが「プロサーファー」と呼ばれる狭き門。いきなりプロを目指すのもよいですが、まずは世界的に有名なサーファーをここでご紹介し、サーフィンというスポーツの世界を極めたプロの世界に触れてみましょう。 ・Bruce Irons(ブルース・アイアンズ) サーフィンのメッカであるハワイ出身のアメリカ人プロサーファーで、サーフィンの世界にいてこの名前を聞いたことがない人はいないのではないか、というほどの有名人です。世界トップサーファーだけが参加を許されるWCTツアーにも参加する実力を持ちながら引退してしまいましたが、サーフィンの技術が優れているだけではなく、自分のサーフィンスタイルも確立していたことで有名です。 ・Rob Machado(ロブ・マチャド) ハワイに負けず劣らずサーフィンが盛んなオーストラリア出身のサーファーです。WCTツアーに参加していたので実力はもちろん、全盛期にWCTを急きょ引退した理由が「人と争って頂点をとっても意味が無いと感じた」と話す彼の考え方に憧れるサーファーも多いのではないでしょうか。フリーサーフィンが好きで、今のフリーサーファーの原点ともいえる人物です。 ・Danny Fuller(ダニー・フラー) ハワイ出身、数々の有名ファッションブランドでモデルを務めるほどの端正な顔立ちでありながら、生粋の実力派サーファーのダニー・フラー。屈強に体ではないながらも、余裕でハワイのビッグウェイブも乗りこなすパイプラインサーファーです。 【番外編】 ・Martin Passeri(マーティン・パセリ) 5度に渡りアルゼンチンチャンピオンとなった実績を持つプロサーファーです。その功績もさることながら、彼が一躍有名になったのは2015年の世界大会。その後のキャリアを大きく飛躍させることになるだろうと言われていたこの大会における彼の結果は「失格」でしたが、その理由がサーフィンファンのみならず多くの人の心を掴みました。それは、かつてプロを目指しながら、不運な事故で脊髄を損傷し下半身麻痺の男性を背負ってボードに乗り、一緒に大会に出場したこと。もちろんルール違反でしたが、「本当のところ、俺は負けてなんかいない。今までで最高の波だった。人生で一番大きな勝利だね」というマーティンのコメントがまた感動を呼び、世界中で語り継がれています。

世界のサーフスポット

バケーションも兼ねて、国外のサーフスポットにでかけてみませんか 慣れた日本の海で週末気軽にサーフィンもいいですが、旅行も兼ねて海外のサーフスポットを試してみませんか?この記事では、日本国外で有名なサーフスポットをご紹介します。 【ハワイ諸島(オアフ島)】 サーフィンと言えばやっぱりハワイ!日本からオアフ島までは直行便も出ていますし、英語が分からなくても旅がしやすい場所です。また、サーフィン以外のアトラクションもたくさんありますから、サーフィンをしない同行者と訪れても楽しめますね。 「ラニアケア」「チャンズ」などは波のサイズが小さければ中級者でもサーフィンが可能な比較的簡単なポイントです。「ロッキー」も「グーフィー」と呼ばれるポイントは乗りやすい波が多いことで有名です。 【オーストラリア(シドニー近郊)】 著名なサーファーを多く輩出しているオーストラリア、サーファーであれば一度は訪れたい場所の一つなのではないでしょうか。日本と季節が逆なので、日本で冬サーフィンをしないという方にもおすすめです。今回は日本からアクセスしやすいシドニー近郊のスポットをご紹介します。 まずは「ニューサウスウエールズ」、こちらはサーフポイントが点在する、オーストラリアのメジャーサーフィンエリアの一つです。危険な波があまりない場所ですので、初心者でも安心です。また、「バイロンベイ」もメインビーチの形が安定している点に加え、のんびりした田舎の雰囲気も楽しめるのでおすすめです。 【台湾】 サーフスポットとしての知名度はあまり高くないですが、日本から近くフライトの便数も多いため、旅行を計画しやすいことで注目を集めています。 サーフポイントは主に太平洋側に集中していますが、南部のサーフポイントは1年通して温暖で快適にサーフィンを楽しめます。特におすすめなのが一年中サーフィンを楽しめる屏東県にある佳楽水。日本と同じで、時期によっては台風の影響を受けやすいので注意が必要です。 【タイ(プーケット)】 日本からLCC航空を使えば安く行けますし、ご飯もおいしいタイのプーケット。リゾート地として有名ですが、4月頃から11月頃までとシーズンは限られてはいるものの、実はサーフィンも楽しめる場所です。 代表的なサーフスポットはカタビーチ、波のサイズが安定しているのでサーフィンのメッカとなっています。初心者から上級者まで楽しめるポイントがある上に、レストランも充実しているのでバカンスにはもってこいです。

サーフボード選びのコツ

ファースト・ボードの選び方、コツ さあ、サーフィンの主役といえるボード選びです。一番わくわくする買い物でもあり、一番慎重になる必要もあります。長く愛用するものですので、こちらでご紹介するポイントを押さえてじっくり選びましょう。 【サーフボードの種類・大きさ(基本の三種類)】 ・ショートボード シャープな形状が特徴のサーフボードで、アグレッシブな動きを求める中級レベル以上の方向けです。 ・ファンボード ショートボードとロングボードの間の長さで、しっかりとした安定感がありながら短めで操作がしやすく、サーフィン初心者、女性サーファーに最適です。 ・ロングボード 最も長いタイプで、幅、厚みもあり安定感があるので、レベルを気にせず万人が使用できます。まずは波に乗ることを目指す初心者におすすめです。 【波に乗りやすいボード選び】 新しく買ったボードで海に繰り出しても、波に乗れなかったらがっかりですよね。波に乗る、サーフボードの上に立つ感覚にできるだけ多く触れることが上達のコツです。そのためには、立った時に揺れづらく、パドリングが簡単にできることが大切です。その際にポイントとなるのが⾧さが十分にあること、幅が広め、厚みがあることです。これらが揃っていることで浮力が十分に働き、安定します。 【目的にあったサーフボードを見つけましょう】 ウェットスーツと同じく、サーフボードもご自身のサーフスタイルをある程度決めておくことが肝心になります。例えば、あなたは積極的に上達し、ゆくゆくは大会にも出場してみたいタイプですか?サーフボードを選ぶ前に、今後どのようにサーフィンを楽しんでいきたいかをまずは考えてみましょう。 【付属品選びも楽しみながら】 サーフィンを楽しむうえで、ウェットスーツ、サーフボード以外に揃えたいものをご紹介します。 ・リーシュコード ご自身とサーフボードをつないでおくコードです。ボードから落ちた時にサーフボードが逃げてしまうのを防ぐためのもので、初心者は特にボードと合わせて購入をおすすめします。 ・ハードケース サーフボードは海までの移動を伴います。その際、移動の衝撃からサーフボードを保護するためのケースです。ボードの大きさ・長さに応じて選びます。 サーフボードはオンラインショップでも購入可能ですが、デザインも豊富ですので、まずは実店舗で店員さんにいろいろ聞きながら実際のボードを見てみることをおすすめします。

サーフィンはどうやるの?

サーフィンのやり方、テイクオフできるまで サーフィンを始めるにあたって、やり方以前に基本ルールを知ることも大事です。どこのサーフポイントでも守らなければならないのは、1本の波には1人しか乗らないということ。これはサーファー同士がぶつかる事故を防ぐためですので、どこのサーフポイントでも必ず守る必要があります。このほかにもポイントによって様々なルールがありますので、初めてのポイントでサーフィンを行う場合は、まず周りのサーファーやサーフショップで情報収集をすることも大事です。それでは、サーフィンを行う基本となる3ステップをご紹介します。 ・波待ち やり方、ということではないのですが、意外と大事なのがいい波を待つこと。パドリングをする前に、まずはいい波をよく見極めることが肝心です。これには経験が必要ですが、動画サイトなどでイメージトレーニングをしておくこと、上級者のサーフィンを観察することなどで養えます。 ・パドリング いい波が見極められるようになったら、次のステップはパドリングです。波に乗るためには、まず自分の後ろからくる波を待ち、これだ!という波が来たらボードにうつ伏せ状態で乗り、ボードの横で手でこぎます。この動きをパドリングと言います。他のサーファーがこの動きをしているのを見ると一見簡単そうに見えますが、実際にやってみると思うように進まなかったり、なかなか難しい第一ステップです。初心者はまずボードを水平にすることをから心がけてみましょう。波と同じ速さになるようにパドリングで加速できれば成功です。 ・テイクオフ パドリングができたらいよいよテイクオフです。テイクオフとは、パドリングで十分に加速し波の勢いに乗ったところで素早くサーフボードの上に立って波に乗ることを言います。動きとしては、ボードに手をつき、足のポジションを決めて立ち上がるだけなのですが、これを早くやることが肝心です。足のポジションは、基本的に前足はボードの中央、後ろ足はサイドフィンの上あたりです。ボードの上に立つことに成功したら、膝を軽く曲げ柔らかい状態にして状態を支えることも大事です。また、立つことだけに意識を集中するとなかなか上手くいかないので、落ち着いてまずは波のスピードとウネリの向きに合わせることに意識を傾けてみよう。なお、テイクオフは自宅でも練習できるので、海に行けないときは自宅で練習を重ねてみるのも上達への近道です。 最後に、サーフィンを楽しんだあとは自分の出したごみは持ち帰ることはもちろん、周りを見渡して目についたごみも拾って一緒に持ち帰りましょう。

サーフィンに必要な物は?

サーフィンをはじめるために必要なものは? サーフィン未経験者は、「サーフィンに必要なもの」と聞いても、サーフボードくらいしか思い浮かびませんよね?しかし、サーフボードの他にも「これは必ず必要」というものがいくつかあります。こちらの記事では、必須アイテム4つをご紹介します。 【サーフボード】 これがなければサーフィンは成り立ちません、焦らず時間をかけてパートナーとなるボードを選びましょう。店員さんと相談しながら選ぶのもいいですが、身近にサーフィン経験者がいるのであれば、まずは相談してみることをおすすめします。また、どんなスタイルでサーフィンを楽しみたいかによって選ぶボードが大きく変わります。ロングボードでの波乗りをイメージしていますか?それとも、小回りのきくショートボードで技を決めてみたいですか?動画サイトなどでチェックしてまずはイメトレから始めてみるのもいいかもしれません。なお、サーフィンをどのくらい続けるか分からない、初期投資を抑えたいという方は、まずは中古で買ってみるというのも選択肢の一つです。 【リーシュ】 ご自身とサーフボードをつなぐ命綱となるリーシュ、ボードが流され沖に取り残される危険性もありますので、必ず必要なものの一つです。なお、初心者は耐久性を重視して太いものを選びがちですが、太いとからみやすいということを覚えておきましょう。また、初期投資を抑えるためとはいえ、安いも のを選んですぐに切れてしまっては本末転倒です。高額なものを買う必要はありませんが、妥当なものを吟味し、1年に1回を目安に交換することをお忘れなく。 【ウェットスーツ】 暑い時期や上級者は水着のみでもサーフィンができますが、海水温の変動から体を守るためにも、ウェットスーツの着用は必須といっても過言ではありません。真夏でも長時間海に入っていると体温は下がりますし、燦燦と注ぐ太陽から皮膚を守ってくれます。ご自身が主にサーフィンを行おうとする季節に合わせて、まずは一着買ってみてはいかがでしょうか。 【ワックス】 サーフィン未経験者には意外と知られてない必須アイテムなのではないでしょうか。しかし、サーフボードと同じくらい大事なものの一つで、ボードの中央付近に滑り止めのために塗布するものです。水温に適したワックスを選びましょう。 上記以外に、これがあったらよりサーフィンを楽しめる、というアイテムもインターネット上でいろいろと紹介されているので、買うか買わないかは後で検討するとして、まずは目を通して見てもいいかもしれません。

ウェットスーツの選び方

ウェットスーツ選びのポイント サーフィンをする上でボードの次に必要なものがウェットスーツですが、種類がたくさんあり選ぶ段階でつまずいてしまいがちです。こちらで簡単な選び方のポイントをご紹介しますので、参考にしてください。 【いつ・どこでサーフィンをするのか】 日本国内でサーフィンを楽しもうと思っていらっしゃる方は、まず四季を考慮する必要があります。気温も海水温も季節によって変化しますし、また、北と南でかなり環境が違うので、まずは頻繁にサーフィンをする場所をある程度定めて、そこの環境に合ったウェットスーツを選びましょう。また、1年を通してサーフィンをするのか、夏だけなのかもある程度決めておくことも肝心です。 【サイズは?】 ウェットスーツは基本的にオーダーと既製品の二種類があり、自分の体にぴったりのものを購入したい方はオーダーが最適です。ただ、料金は高くなりますので、サーフィン初心者は規制サイズに作ってある既製品を選ぶのが堅実かもしれません。 【素材は?】 日進月歩のウェットスーツ生地。一昔前は厚みのある生地は強度はあるものの伸縮性に欠けていましたが、昨今は十分な強度を保ちながら伸縮性能が大幅にアップした生地を使用したものが数多くあります。店舗で実際のウェットスーツを手に取ってみましょう。 【ウェットスーツの種類】 さあ、実際のウェットスーツの種類を見てみましょう。海はあくまでも自然界、いつでもサーフィンを快適にできる状況とは限りません。なるべく快適にサーフィンを楽しむためにも、自分のサーフスタイルに合ったウェットスーツを選びましょう。 ・セミドライタイプ 冬サーフィンの記事でもご紹介した、寒い時期に使用するタイプのウェットスーツです。最も防水性、保温性が高く、生地も厚めですので若干運動性は劣ります。 ・フルスーツタイプ 秋から春など、季節の変わり目に向いたウェットスーツです。形状はセミドライと同じですが、生地が薄めでストレッチ性が高いデザインです。 ・シーガルタイプ セミドライ、フルスーツとの大きな違いは半袖、長ズボンスタイルであることです。こちらも季節の変わり目向きで、フルスーツを使用する季節の前後で使用することが多いです。 ・ロングジョンタイプ ノースリーブ、長ズボンデザインのウェットスーツです。こちらのタイプとジャケットットを併用すれば、冬場でも使用が可能です。 実店舗でなくても、アマゾンや楽天でもウェットスーツが購入できますので、まずは好みのタイプを探してみたはいかがでしょうか。