排出権ビジネスとは

サーフィン用語百科事典

排出権ビジネスについて

【排出権ビジネスとは】

こちらはサーフィン用語百科事典ホームページです。サーフィンに関する用語検索、サーフィンポイントの解説、サーフブランドの紹介。そして類似スポーツであるボディーボードに関する用語解説などを掲載しております。特に初心者の方や海のスポーツに関心のある方に役立てていただければ幸いです。マリンスポーツトリップもまずは情報収集から・・・有意義で、安全な海の生活をお祈りいたします。
サーフィン用語百科事典地球環境コラム>排出権ビジネス

【排出権ビジネス】

地球温暖化という言葉が出てくるようになって長い年月が流れてきました。

そんな中、『京都議定書』が2005年の2月に発効されるようになり、その削減目標とされる項目である”二酸化炭素”や”メタン(ガス)”などの排出ガスに関連するビジネスが誕生・活性化してきています。

わかりやすくするため、前置きが長くなりましたが、排出権ビジネスとは(自ら排出を削減する力のない国)他国から排出権削減の権利を先進国(排出削減力のある国)などが買うわけです。

現在、例えば二酸化炭素でいうとその額は1トンにつき500円が相場なのだそうです(テレビ番組などの情報から)。

議定書には排出権の制限が設けられているので、その数字をクリアするために先進国がこぞって生み出した環境ビジネスの一種ということになります。




環境ビジネス ロハス ゴミの減量化 ショッピングバッグ
レジ袋 カーボンオフセット 排出権ビジネス 三つのR
ハイブリッドカー プリウス いろはす タバコのフィルター
Mottainaiとは
サイトメニュー
Copyright(C)サーフィン用語百科事典All Rights Reserved.