キッキング

サーフィン用語百科事典

キッキング

【キッキング】

こちらはサーフィン用語百科事典ホームページです。サーフィンに関する用語検索、サーフィンポイントの解説、サーフブランドの紹介。そして類似スポーツであるボディーボードに関する用語解説などを掲載しております。特に初心者の方や海のスポーツに関心のある方に役立てていただければ幸いです。マリンスポーツトリップもまずは情報収集から・・・有意義で、安全な海の生活をお祈りいたします。
サーフィン用語百科事典>キッキング



キッキング(ビーティング)

ボディーボードテイクオフの際に起こすこと。サーフィンでいう”パドリング”に相当することを言います。平たくいうと”バタ足”です♪ボディーボードは両手両足使えるので、サーフィンのショートボーダー(もっとも多い)よりも厳しい条件下でもテイクオフすることが可能にもなってきます。

時として、サーファーの方もこれを活用することもありますが、バタ足はボディーボードの特権とも言えます。

車で例えると、二輪駆動と四輪駆動の違い…と形容するプロもいらっしゃいますが。

しかし、あまりにもバシャバシャやると周りのサーファーボディーボーダーに顰蹙(ひんしゅく)を買うので、ご注意を!
波乗りは『自分が自分が』が強すぎると、そのポイントで楽しめなくなってしまうこともありますので。
サイトメニュー
Copyright(C)サーフィン用語百科事典All Rights Reserved.