潮周り

サーフィン用語百科事典

潮周り

【潮周り】

こちらはサーフィン用語百科事典ホームページです。サーフィンに関する用語検索、サーフィンポイントの解説、サーフブランドの紹介。そして類似スポーツであるボディーボードに関する用語解説などを掲載しております。特に初心者の方や海のスポーツに関心のある方に役立てていただければ幸いです。マリンスポーツトリップもまずは情報収集から・・・有意義で、安全な海の生活をお祈りいたします。
サーフィン用語百科事典>潮周り



潮周り

この言葉を聞いた事がなくても、満潮や干潮という言葉は聞いた事があることでしょう。サーフィンボディーボードをする人が波チェックで関心の高い”潮周り”。その日々の中での干満の動きのことをいいます。サーファーズサイトでの波情報の中で”大潮周り、小潮周り”というキーワードが出てきます。それをどのように判断すればイイ波に出会えるのか???それも情報に耳を傾けながら実際にそのサーフポイントに足を運ぶことによって次第に理解できるようになるでしょう。

簡単にメカニズムをご説明しますと、潮回りとは15日間を一つの周期とした、潮の干満の変化を意味します。

種類として、大潮・中潮・小潮(ともに”〜まわり”と表現することも多い)とあります。
その他にも長潮・若潮という種類も(経緯として)あります。

サーファー、もしくは釣りをする人にとって、一番気になるのは”一番干満の差が激しい”大潮(まわり)”となります。

当然、大潮となると潮の流れも激しくなるので、海水浴に出かける方(お子さま連れの方)や、サーフィン初心者の方は注意が必要です。

また、潮回りはなぜ起きるのか?…それは、月・太陽と地球の位置関係、引力によって変化が起ると言われております。

海へ出かける際には、是非潮回りをチェックしてみてください(安全に楽しく過ごすために)
サイトメニュー
Copyright(C)サーフィン用語百科事典All Rights Reserved.